ホノカアボーイ (2009) : Honokaa Boy

熱狂的ファンを抱える、吉田玲雄の小説が原作のドラマ。ハワイの町ホノカアを舞台に、そこでの人々との交流を通して心の傷を癒してゆく青年の姿を温かに映し出す。監督:真田敦、キャスト:岡田将生, 倍賞千恵子, 長谷川潤, 喜味こいし, 正司照枝, 蒼井優

 ・ amazon : ホノカアボーイ (2009) : Honokaa Boy
 ・ amazon prime : ホノカアボーイ (2009) : Honokaa Boy
 ・ Hulu : ホノカアボーイ (2009) : Honokaa Boy
 ・ U-NEXT : ホノカアボーイ (2009) : Honokaa Boy
 ・ dTV : ホノカアボーイ (2009) : Honokaa Boy
 ・ Youtube : ホノカアボーイ (2009) : Honokaa Boy

ホノカアボーイ (2009) : Honokaa Boyのストーリー

ハワイ島の北にある町、ホノカア。世間から忘れられたこの町では、月に虹がかかるとき、願いが叶うと言われていた。大学生のレオ(岡田将生)は失恋のショックから、逃げるように日本を離れてこの町を訪れる。そして、ひょんなことから映画館の映写技師として働くことに。彼が初めてこの町にやってきたのは半年前。見た者に最高の祝福をくれると言われる伝説の“月の虹=ムーンボー”を探して、恋人と一緒にハワイ島へ。だが、“ムーンボー”には出会えず、道に迷って辿り着いた町がホノカアだった。不思議な魅力に吸い寄せられるように再びやってきたこの町でレオが出会ったのは、風変わりだけど心優しい人たち。食いしん坊な映画館の女主人エデリ(松坂慶子)。87歳にしてエロ本を欲しがる日系老人のコイチ(喜味こいし)。いつも変な髪形に仕上げてくれるバーバーのみずえ(正司照枝)。オーガニックフード店の美しい看板娘マライア(長谷川潤)には、ちょっとした恋心を抱く。そして、毎晩レオにご飯を作ってくれる、いたずらと料理が大好きな日系のおばあちゃんビー(倍賞千恵子)。出会い、恋、ごはん、そして別れ。レオが大人になるために必要なものすべてが、ホノカアにはあった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 変身 (2005) : Henshin

  2. おとうと (2010) : About Her Brother

  3. 鉄人28号 (2005) : Tetsujin 28: The Movie

  4. ニライカナイからの手紙 (2005) : Letters from Nirai Kanai

  5. 人のセックスを笑うな (2008) : Don’t Laugh at my romance

  6. 亀は意外と速く泳ぐ (2005) : Turtles Are Surprisingly Fast Swimmers

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。