星になった少年 (2005) : Little Randy and Shining Boy

「誰も知らない」の柳楽優弥主演による、実話に基づく人間ドラマ。日本初のゾウ使いとなり、夢に生きた少年の成長と、家族愛、動物との交流を見つめた感動作。監督:河毛俊作, キャスト:柳楽優弥, 常盤貴子, 高橋克実, 蒼井優, 倍賞美津子

 ・ amazon : 星になった少年 (2005) : Little Randy and Shining Boy
 ・ amazon prime : 星になった少年 (2005) : Little Randy and Shining Boy
 ・ Hulu : 星になった少年 (2005) : Little Randy and Shining Boy
 ・ U-NEXT : 星になった少年 (2005) : Little Randy and Shining Boy
 ・ dTV : 星になった少年 (2005) : Little Randy and Shining Boy
 ・ Youtube : 星になった少年 (2005) : Little Randy and Shining Boy

星になった少年 (2005) : Little Randy and Shining Boyのストーリー

1989年、千葉県東金市。家族経営の小さな動物プロダクション“小川動物プロダクション”に、母・佐緒里(常盤貴子)の長年の夢であった2頭の象、ミッキーと子象のランディがやって来た。象たちと仲良しになった13歳の長男・哲夢(柳楽優弥)は、ある日、立派な象使いになりたいと思い立ち、両親の反対を押し切って、単身チェンマイ北部の象学校に留学する。言葉もわからないまま、子象のファーをあてがわれ、トレーニングを開始した哲夢。やがて、ポーを始めとした他の生徒たちとも打ち解けるようになった彼は、努力の甲斐あって一人前の象使いへと成長。帰国した後、ランディを調教し、町のフェスティヴァルや映画への出演を果たすと、自身の夢であった日本で初めての“ぞうさんショウ”をも成功させる。そんな哲夢の次なる夢は、年老いた象たちがのんびり余生を暮らす為の楽園を作ること。しかし1992年11月10日、彼はバイク事故により帰らぬ人となってしまう。佐緒里が哲夢のガールフレンド・絵美(蒼井優)から、何故哲夢があんなにも象に夢中だったのか、その訳を聞かされたのは翌年の春のことだった。彼は、母の夢を追いかけたかったのである。そして2005年、タイの象学校では、ポーがファーの子供の調教を始めていた。その子象の名は――テツ。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 虹の女神 (2006) : Rainbow Song

  2. 1980 (2003) : 1980

  3. クワイエットルームにようこそ (2007) : Welcome to the Quiet Room

  4. 害虫 (2002) : Harmful Insect

  5. 人のセックスを笑うな (2008) : Don’t Laugh at my romance

  6. FLOWERS -フラワーズ- (2010) : FLOWERS

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。