斬、(2018) : Killing

数々の映画賞に輝き、国内外で高い評価を受ける塚本晋也監督が初めて手がける時代ドラマ。幕末を舞台に、人を斬ることに苦悩するひとりの侍の物語がつづられる。刀を抜くことに悩み苦しむ侍を池松壮亮、農家の娘を蒼井優が演じ、共に塚本作品へは初の参加となる。

 ・ amazon : 斬、(2018) : Killing
 ・ amazon prime : 斬、(2018) : Killing
 ・ Hulu : 斬、(2018) : Killing
 ・ U-NEXT : 斬、(2018) : Killing
 ・ dTV : 斬、(2018) : Killing
 ・ Youtube : 斬、(2018) : Killing

斬、(2018) : Killing のストーリー

江戸末期。貧窮して藩から離れ、浪人となる者も多く、都築杢之進(池松壮亮)もまたそんな一人だった。藩から離れた杢之進は江戸近郊の農村で農家の手伝いながら、隣りの農家の息子・市助(前田隆成)に木刀で剣の稽古をつけ、自分の腕も鈍らないよう汗を流す日々を送っている。市助の姉・ゆう(蒼井優)は、剣の稽古に明け暮れる二人を冷めた目で見つつ、杢之進と互いへの思いを募らせていた。開国の是非に大揺れの時世であり、ゆうは杢之進がきな臭くなってきた中央に出て参戦する時が近づいていることを案じる。ある日、三人は神社の境内で果し合いを目にし、一見やわらかな物腰の浪人・澤村次郎左衛門(塚本晋也)の腕に触発された杢之進と市助は一層剣の稽古に励んだ。そんな二人の稽古を見た澤村は、杢之進の腕に尋常でないものを見てとり、二人に澤村の組織として京都の動乱に参戦しないかと誘いをかける。ゆうの思いを顧みず、二人は澤村の誘いに乗ることに。刀というものの冷厳さを感じつつ、その威力の真の意味を考える杢之進。農民でありながら戦に参加できると血をたぎらせていく市助。市助を心配し近づく杢之進との別れに切なさを募らせる一方で、強者への憧憬を抱き始めるゆう。そんな中、市助が村に流れ着いた源田瀬左衛門(中村達也)を頭とした無頼の浪人集団と衝突し、事態は思わぬほうに傾いていく。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。